【8月9日(木)】余った蒲焼のタレは「磯辺焼き」「きんぴらごぼう」「絶品ソース」に。

【8月9日(木)】余った蒲焼のタレは「磯辺焼き」「きんぴらごぼう」「絶品ソース」に。

8月9日(木)放送の「生活情報のコーナー」では「余った蒲焼のタレをサルベージ!」と題し、番組に1年ぶりに登場した駒田アナから、ウナギの蒲焼の余ったタレを使った簡単レシピを紹介してもらいました。確かに蒲焼きのタレって余りますよね。必見です。
ウナギの蒲焼のタレ、余りますよね?

先週土用の丑の日もあり、ウナギの蒲焼のタレが冷蔵庫に余っているお宅も多いのでは? ウナギ自体は数の激減など、資源保護が必要な状況です。 しかし、タレに罪はありません。今回は余ったタレを使った簡単レシピを紹介します。
余った蒲焼のタレレシピ①「磯部かば焼き」

構成作家の市川さんおすすめレシピになります。これは確かにおいしそう。
【材 料】:
切り餅、のり、蒲焼のタレ
【作り方】:
① オーブントースターでおもちに軽く焼き目が付くらい焼きます。
② おもちを取り出しタレを塗って再度焼きます。
③ よきところで取りだして再度タレを塗ったらのりを巻いたら完成です。
たしかに餅との相性がよさそう。二回タレを塗るのがポイントです。
「あ、峠の茶屋で食べてる感じ、おいしい!」
タレの原材料は、醤油、みりん、砂糖なので、確かに和のものなら合うはずですよね。しょっぱさにとげがなくて、いいですね。
余った蒲焼のタレレシピ②「雑ウマ!きんぴらごぼう」

次にADの甲斐さんのおすすめレシピになります。
【材 料】:
ごぼう、にんじん、ごま、蒲焼のタレ
【作り方】:
① 材料を千切りにする
② 容器に材料とタレを入れてレンジで5分ほど加熱。
③ 一度混ぜて、まだ足りなそうなら、再び加熱
④ ごまを入れて完成。
「天才。よく考えたらきんぴらの味付けはうなぎのタレよね、これ天才じゃない、素晴らしい」
とスーさんもお気に入りの様子。加熱によって食感も変わるのでお好みで加減してみましょう。
余った蒲焼のタレレシピ③「甘じょっぱプリン」

slots

ディレクターの金井さんのおすすめレシピはこちら。スーさんがものすごく嫌がっていましたが、紹介します。
【材 料】:
卵1個、牛乳120cc、砂糖大さじ2、タレ、(あればバニラエッセンス)
【作り方】:
① タレをスープカップなどに入れて1分半ほど加熱
② 別の容器に卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜる。
③ タレの容器に、先ほどまぜたものを、茶こしなどを使ってそっと入れる。
④ レンジで1分30分~2分ほど加熱。少し緩い程度にしておく。
⑤ レンジから取り出したら、容器に蓋をして放置。これで緩かったのが固まります。
⑥ 最後は冷やして完成。ひっくり返せば、あらプリン。
スーさん、いかがですか?
「あのね、なんて言ったらいいのかな。茶碗蒸しとプリンの間はいらない、ということがわかった、これは合わないね」
つ、次いってみましょう!
プロの見解
うなぎのタレの使い方をプロに聞いてみました。お伺いしたのは番組でもお馴染みの「サルベージクッキングのシェフ」キムラカズヒロさんです。キムラさんいわく
「醤油、みりん、砂糖、プラスαで、少し砂糖が多めの甘い醤油だれのイメージです。甘めの醤油ベースのお料理であれば活用可能なので、煮物、煮付け、照り焼き、すき焼きなどがオススメ。あとは、甘味に醤油の香りと塩味の組み合わせだから、醤油アイスやみたらし団子も良いかとおもいます。」とのことです。
余った蒲焼のタレレシピ④:ローストビーフのソースに

折角なので、キムラさんに冷蔵庫にあまっているもので何か作れないか聞いてみたところ教えていただいたのがこちらです。
【作り方】:
お好みですが、ジャムとタレを1:1くらいか、うなぎのタレ2:ジャム1くらいを混ぜます。
そのままだとドロドロすぎるようであればほんの少し水を加えてソース状に調整してみてください。
こちらをローストビーフにかけてみましょう!

「甘酸っぱくておいしい!」
スーさんもこちらはご満悦の様子でした。
皆さんも冷蔵庫に余った蒲焼きのタレ、活用してみませんか?
TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)


Leave a Reply